Shammer's Philosophy

My private adversaria

限界突破できないと幸せになれない?

生きにくい世の中だと思う。資本主義の競争ゆえなのだろうか。人間のための社会でなく社会のための人間、というか、多くの組織がその組織の一部の人間の目標のために多くの人間の力を必要とし、多くの人間をその目標達成のための駒にする。もちろん、この状態が健全な範囲で行われているような場合もある。一方で、それは明らかに搾取だよな、というレベルの事もある。先日、セブンイレブンの残業代未払いのニュースを見て思ったが、以前はこの健全じゃない状態でも我慢するしかなかった空気が変わってきている。

勝ち組企業は、そうなるための仕組みを既に持っている。そして、その仕組みを維持するため、仕組み通りに運用するために人を使っている。仕組みが想定通りに機能しないと、この激しい生き残りに負ける可能性があり、生き残りに負けると、組織の規模によっては何千・何万という規模で影響が出る。そうなると大変だから、暗黙のうちに一人一人の都合が尊重されなくても仕方ないんだという空気が出来上がっていく。でも、尊重されなくても何らかの報われた感があれば、それにも耐えることができていた時代があった。将来への希望や、実際に変わりゆく社会というような具体的な形のないものも含めて。でも、平成の世になってからはインフラも充実してきていて、また、生まれたときからその状態が当たり前の世代も増えて、戦後の焼け野原に何もないような光景を現実として知らない人が増えてきた。そういう人は、駒にされることに絶望や苛立ちはあっても、駒になることで希望になるような要素は皆無と言える。でも、指導する側になっている人はその辺の感じ方の違いがわからずに今の苦労は大きなことを成し遂げる因になる、踏んばれ!!というようなことを言う。そういうことは絶対にない、とは言わないが、そうなる例の方が限りなく少なく見えるのが実情ではないだろうか。ただただ出来上がった仕組みを維持しているだけの現実なのに、それをごまかすような話をしても信じない人も多いだろう。でも、生きていくためにはそれでもそれをやらないといけない。結果的に、希望はないが生きるためだけに仕事する、みたいになってしまうのではないか。そんな状態が当たり前のように何年も続いてきたが、先日のセブンイレブンの例はそういう流れの変化を感じさせる。

希望がなくなってしまった要因の一つは、正当な対価を受け取ることができていなかったこともあると思う。実際には労働しているのに、シフトのルールとかで 1 分でも過ぎれば 30 分とかタダ働きするのが当たり前とされていたような空気。しかし、この運用は実は「労働基準法24条に違反(賃金の全額払いへの違反)」になるらしい。自分がバイトをしていたところでもこういうのが当たり前とされていて、違うんじゃないのとか言おうものなら世の中ナメンナヨみたいな話をされていた。しかし、法律ではナメンナヨと言っていた人達の方が間違いだった。インターネット普及前は、こういう情報を確認したいと思っても確認できなかったからなあ。どうせ誰も確認しないだろう、とタカをくくったどこかの誰かが、もっともらしいことを言って賃金は15分とか30分単位の支払い、というのを決めたのが広まっただけかもしれない(個人の勝手な推測です)。

こういう改善されてよくなっていきそうに見えるところもあれば、そうでないところもある。多くの人が駒にされるような社会でも、優秀な駒になろう、あるいは、駒を使う側になろうと努力してそうなった人たち。そういう人の中には、一部の才覚ある人というか天職のような人もいるかもしれないが、そうではないが努力でそういうポジションを勝ち取った、という人もいると思う。それ自体は問題ない。でも、そのポジションを勝ち取った人は、ある意味で特殊な力を持っていると思う。それは、人一倍努力できること。人一倍忍耐力が強い、誘惑に負けないということ。そういう人の努力の結果を否定するわけではないが、そういう努力をできない人もいる。そして、そういう努力できない人は、苦しくても希望がなくても生きるためにはやりたくない仕事でもやれ、というような空気を感じる。努力した人間が報われるのは問題ないが、努力できない人、したくない人は権利を主張することは許さない、となるとそれは行き過ぎだと思う。努力できない人、したくない人は贅沢できない、であれば文句は言えないだろうと思う。権利を認めないようなレベルのことを言う人がどれくらいいるかは正直わからない。

人間は本来は、苦しい人を助けたいとか、そういう感情を持っていると思う。しかし、社会で自分が生き残るために努力をすることで、努力できない人間の苦しみを感じとれなくなるというか、助け合いの気持ちを忘れて、「生き残りたければ努力しろ」という考えに染まってしまう人がいる。台風19号のときに、避難所にホームレスは入ってはいけない、というような話が出たが、その理由は税金を払ってないからというのが主なもの。もちろん、払いたくて払う人間はほとんどいない。それでも払っているから、払わないで恩恵だけ受けることができる人がいるというのを許すことができない、そういう人は、そういう主張をしてしまうだろう。筋が通っているように見えるかもしれないが、それは人の命の重みを無視している。努力している人間、大変でも頑張って税金を払っている人は助けましょう、でも、努力しないで払うべきものも払わない人間はどうとでもなれ、わかりやすく極端な言い方をすればそういう主張だ。国や政府、税金って何のためにあるのだろうか。アリとキリギリス、アリが正義でアリのような一生を送るようにと教えられてきたが、これだけだとキリギリスは見殺しにしろ、というように無意識のうちに学習してしまっているのだろうか。

前半に書いた残業代の話は、努力していても報われないで理不尽なことでも当たり前とされてきていた時代が変わりつつあるのかも、という話。言ってみれば、より努力が報われるように、努力に対して正当な評価がされるように、というような流れの話。でも、それで終わってしまえば、後半のような努力できない人は犠牲になっても文句言うな、というようなところは変わらない。人間には体力の限界がある。精神力の限界もある。今は努力できていても、数年後はできないかもしれない。努力できなくなったときに自分が逆の立場になると考えても、それが正しいと言えるのだろうか。そもそも、すでに出来上がった仕組みを維持することでその恩恵を受けて豊かに生活できる、というこの仕組みが健全なものなのか。誰かのために、そういうところから出発したはずの発想が、いつの間にか仕組みを維持することが目的になって、誰かのためでなく、誰かの手によって、というか、、、目的と手段が逆転していないだろうか。人が社会を形成するのは、誰かから労働力を搾取して自らが豊かになるという目的ではなかったはず。力を合わせて生きる、というのが原点ではないのだろうか。その時代、力のないものはどうだったのだろう。役に立たないとゴミ同然に扱っていたのだろうか。そんなことはないと思う。むしろ、力のない人のために力を合わせていたのではないかと。

もちろん、お金を受け取る以上は果たすべき責務がある。しかし、自分を犠牲にして限界突破しないとより豊かになれない、というサイクルを続けるのに限界がきている。まあ、この限界がきているために、少し疲れて被害妄想になっているところもあるかもしれない。あまり意識しないで書いたが「努力」という言葉を滅茶苦茶使っている。少し休む必要があるのかもなあ。

Debian の Emacs で IME を UIM に変更

Sony Vaio S14 に Debian をインストールして使用し始めて数ヶ月が経過。脱MACの道を徐々に歩み始めているが、まだまだ中途半端な感じがある。

その中途半端な感じの一つが、EmacsでのIME。DDSKKと出会い、SKKじゃないと生きていけない体になり、Mac では AquaSKK を使用。ここで、AquaSKK と DDSKK の辞書の同期問題というものが発生。同じものを使用するのはなんか抵抗があり、マージするスクリプトも用意したりしたがほとんど使用せず。さらに、ここにLinuxのDDSKKとUIM-SKKの辞書が加わる。あれ、これ登録されていなかったっけ?というのも頻発。そこで、OSでSKKを使用できるのであれば、それをそのままEmacsでも使用すればいい、となった。

そこで調べてみると、Debian(他のDistributionでも同じと思うが)では、uim-el というのを使用することで Emacs から OS の IME の切り替えができるようになるという。これを使用しない手はない!!ということで早速設定。

まず、インストールだが apt で行う。

  1. sudo apt update
  2. sudo apt install uim-el

これでインストールは完了。次に Emacs の設定。まず、DDSKK関連の設定は全てコメントアウト。追加で以下の設定を追加。

(require 'uim-leim)
(setq default-input-method "japanese-skk-uim")
(global-set-key "\C-\\" 'uim-mode)
(setq uim-lang-code-alist
     (cons '("Japanese" "Japanese" utf-8 "UTF-8")
         (delete (assoc "Japanese" uim-lang-code-alist)
                       uim-lang-code-alist)))

設定は、UimEl · uim/uim-doc-ja Wiki · GitHub を参考にしたがすぐに問題が、、、Emacs の *scratch* がまともに機能しなくなってしまった。Ctrl-j の割り当てが UIM に吸収されてしまうためだ。なので、UIM から Ctrl-j を奪った、、、というか奪わざるを得なかった。これでいいのだろうか。Shift-SPCで入力モードを切り替えるようにして、Emacsキーバインドをそのままにしてみたが。

どこかを立てればどこかが立たなくなるな。

HTML Escape Converter by Shell

HTMLのエスケープ文字、昔は   とか > とかを使用していたが、HTML Codes - Table of ascii characters and symbols
によればこれは HTML Name と呼ばれるもので、これと別にHTML Number というのがあるようだ。HTML Name は一部の文字にしか割り当てられていないが、HTML Number というのはほぼ全てのASCII文字に割り当てられていそう。どうせならこっちを使う方がよさそうなので、HTML Number でエスケープすることにした。

問題は、過去に作成したHTMLではHTML Nameを使用していること。EmacsLispとかで文字変換させたりしているので、そのような場合に面倒になるかもしれない。というわけで、これらを置き換えることを考える。sed を使えばできそうなのでやってみる。Bash で二次元配列を使いたいので、ついでにそのサンプルにもなる。とりあえずは二次元配列。

PAIRS=('   ' '< <' '> >' '& &' '" "')
for i in "${PAIRS[@]}"
do
    PAIR=(${i[@]});
    echo ${PAIR[0]};
    echo ${PAIR[1]};
done

実行結果は以下。

$ PAIRS=('   ' '< <' '> >' '& &' '" "')
$ for i in "${PAIRS[@]}"
> do
> PAIR=(${i[@]});
> echo ${PAIR[0]};
> echo ${PAIR[1]};
> done
 
 
<
<
>
>
&
&
"
"

とりあえず、ここから進めていく。エスケープして sed に渡さないといけないので、そこだけ気をつけないといけなそうだ。

VAIO S14 でシステムリカバリを試す

VAIO S14 を購入した。Windows 10 Home がインストールされているが、Debian を入れるのでこれはどうでもいい。ただ、何かのときに(手放すとき?)元の状態にしなければならないので、それが出来るかを試した。大きな流れは、

  1. リカバリ用のUSBディスクを作成
  2. 既存パーティションを全て破壊してDebianをインストール
  3. 作成したリカバリ用ディスクを使用してリカバリを試す

1は、Windowsの初期設定をやって、フォーマット済のUSBドライブをUSBポートに接続して、回復ドライブの作成というアプリを起動しウィザードに従うだけ。製品同梱のマニュアルにある通りなので特に問題はないはず。2も、とりあえず今は既存パーティションを全て削除するだけだからこの記事では詳細は割愛(たぶん指紋認証バイスのドライバだと思うが、これは別途用意する必要がありそうだった。これは自分用メモ)。そして、この記事では2まで完了して完全にWindowsの面影がなくなったVAIO S14 に対して、リカバリをしたときの手順というか写真をアップしておこうと思う。

 

まず、起動はVAIOを完全に停止して、F3かF4を押しながら電源を入れる。そうすると次のような画面になる。

VAIOレスキューモード初期画面

VAIOレスキューモード初期画面

ここで、USBメモリーやディスクから起動をクリックした。たしかそうだったはず。そうすると次の画面になる。

キーボードレイアウトの選択画面

キーボードレイアウトの選択画面

ここではIMEのまま次の画面に進む。英語配列モデルだが関係なし。

オプションの選択画面

オプションの選択画面

パーティションを完全に削除していると、上のような画面になる。ディスクにリカバリ用のパーティションがある場合はもう一つ、SSDからリカバリさせるためのオプションがあったはず(次の画面だったかもしれない)。ここではトラブルシューティングを選択して進む。

トラブルシューティングの画面

トラブルシューティングの画面

ここでは、ドライブから回復するを選択して進む。

ドライブから回復する画面

ドライブから回復する画面

インストールされているDebianを消去してWindowsに戻すので、ドライブを完全にクリーンアップするを選択して進む。

最後の画面

最後の画面

ここで回復をクリック。そうするとリカバリが開始される。以下の画面でしばらく待つ。

回復中の様子

回復中の様子

ここで100%までいくと、またWindows10の初期設定を行えるようになる。コルタナなんてものができていたとは知らなかった。

高等教育無償化は報われない感を増長させるか?

一昨日くらいから、高等教育の無償化法案のニュースをよく目にする。子供の立場では、経済的理由で進学を断念しなければならない、というパターンを減らすことができるだろうから素晴らしい、画期的な印象はある。むしろ、欧州の人たちからすれば、これがない方がおかしいと思う人もいるかもしれないだろう。

援助、減免額は収入に応じて段階的に決まるようだが、努力して収入が増加したために援助を受けられなくなり、結果的に経済負担増となる世帯がいるのではないかとも思う。そういう人にとっては、頑張っても報われない仕組みの増加にならないだろうか。努力して収入が増えたら嬉しいはずだが、実際にはそうじゃない仕組みがある。これ、どうにかならないのだろうか。条件なし全面無償化を実現できれば収入増加はそのままその人が努力の報酬として感じることができるだろう。実際は努力しなくても会社の業績とかで棚からぼた餅ってこともあるがそれはさておき、、、少なくとも、全面無償化できるだけの財源がないことは事実。結果的に、最初は恩恵を受けることができても努力して収入が増加して恩恵を受けなくなるタイミングが来るかもしれない。そうなった時に、その努力は何だったのか、と思わないでいられるかどうか。。。努力は報われるべきと感じずにいられるかどうか。

結局、「経済的収入」という観点だけで考えると、努力しても報われない、と感じてしまうことは多々ある。では、経済的収入が増えることで自由になれるか、と言えばそうでもない。自分自身が人として成長しないと、どれだけ収入が増えても不自由さ、窮屈さからは脱却できない。でも、それは根性や思い込みや考え方を変えるだけでできるものでもない。実際に努力しては何かを得て、努力しては何かを得て、というのを何度も繰り返して自らの環境を自ら変えて、これまで感じていた不自由さ、窮屈さを解消すると同時に、これまで感じていなかった新たなる不自由さ、窮屈さを手に入れただけだと言うことに気付く必要がある。さらに、それに気付いて「努力したって無駄だ、今の不満を解消してもどうせ新しい不満を手に入れるだけ、大事なのは今楽しいかどうかだ」と、一種のヤケクソ状態をも乗り越える必要がある。それをどう乗り越えるかはいろいろな方法があるだろうが、ここには精神的葛藤がどうしても必要になるだろう。

まあ、教育費の減免を受けられなくなったら損とか感じても、子供の授業料を払う期間は人生全体を考えれば短い。ただ、楽なことじゃないだけに支援対象になるかどうか考えてしまうが、その期間は一歩下がって考えれば自分の人生の中ではわずかな期間でしかない。より先を見裾えて進んでいくのが賢いことだと個人的には思う。

 

send syslog message via netcat on Debian 9.5

I want to write a syslog client libraries in common lisp. It is sufficient just to be able to send a message on udp

 

At first, open udp port 514 by editing /etc/rsyslog.conf. I just updated following 2 lines.

続きを読む